原発と放射線被ばくの科学と倫理

個数:

原発と放射線被ばくの科学と倫理

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年10月26日 05時02分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 294p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784881253335
  • NDC分類 369.3
  • Cコード C1036

内容説明

低線量被ばくの健康影響問題は科学的にはっきりしていない。なぜ、「科学者」や「専門家」は「安全」・「安心」と断言するのか?

目次

第1部 放射線被ばくの「不安」と「精神的影響」(科学はなぜ信頼を失ったのか?―初期被ばくが不明になった理由;日本医師会と日本学術会議の協働;「リスクコミュニケーション」は適切か? ほか)
第2部 放射線被ばくをめぐる科学と倫理(加害者側の安全論と情報統制―広島・長崎から福島へ;多様な立場の専門家の討議、そして市民との対話―権威による結論の提示か、情報公開と社会的合意形成か;閉ざされた科学者集団は道を踏み誤る―放射線健康影響の専門家の場合 ほか)
第3部 原発と倫理(原発の倫理的限界と宗教の視点―福島原発災害後の宗教界の脱原発への訴え;村上春樹が問う日本人の倫理性・宗教性―祈りと責任を問うこと;哲学者ロベルト・シュペーマンの原発批判 ほか)

著者等紹介

島薗進[シマゾノススム]
1948年生まれ。専門は宗教学、死生学、応用倫理学。東京大学名誉教授。上智大学大学院実践宗教学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



島薗進[シマソノススム]
著・文・その他