元米陸軍情報将校が発見した真相 原爆と秘密結社―なぜ聖地ナガサキが標的とされたのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784880863290
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0030

内容説明

ひた隠しにされた歴史がついに日本人に明かされる。最高機密情報を知った軍人が生命を賭して公表する原爆秘事。70年目の真実、投下目標は浦上天主堂、その戦慄の理由を暴く!

目次

第1部 誰が何のために原爆を創ったのか(この世界に原爆を生んだ秘密結社;秘密結社と血の掟;複合する邪悪勢力)
第2部 なぜ長崎に原爆が落とされたのか(日本の原爆開発計画;「日本のバチカン」長崎の特殊事情;秘密作戦;厳重に封印された秘密)

著者等紹介

ディオニシ,デイビッド・J.[ディオニシ,デイビッドJ.] [Dionisi,David J.]
1963年、米国マサチューセッツ州生まれ。元米国陸軍情報将校。電子機器戦争、電子機器使用軍事通信システム、世界全体の諜報機関収集情報の取扱いなどを担当、高度な軍事技術の専門分野を指揮し統率する。除隊後は金融保険業界に転じて華々しい成功を収め、プルデンシャル社役員、メットライフ社副会長などを歴任する。2003年に西アフリカのリベリア難民の救援事業にかかわったことから人類の将来を危惧し、世界の平和安寧のために献身すべき使命を感じて実業界から身を引くことを決意(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。