文化とまちづくり叢書<br> 芸術祭の危機管理―表現の自由を守るマネジメント

個数:

文化とまちづくり叢書
芸術祭の危機管理―表現の自由を守るマネジメント

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月16日 23時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 197p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784880654874
  • NDC分類 706.9
  • Cコード C0036

内容説明

なぜ世論は分断されるのか。文化事業、文化施設関係者、行政の文化担当者に向け、一個の視点から全体を俯瞰し、言及し分析し、総括する。

目次

序章 あいちトリエンナーレ2019
第1章 あいちトリエンナーレ2019でなにが起きたのか
第2章 展示中止にまつわる当時の議論の整理
第3章 なぜ展示中止が起きたのか
第4章 なぜ展示再開できたのか
第5章 税金を使い、“平和の少女像”のような政治性・社会性の強い芸術作品を展示・公演することが、芸術祭・美術館・劇場等で認められるのか
第6章 文化庁の補助金不交付決定が認められるのか
第7章 「あいちトリエンナーレのあり方検証・検討委員会」を検証する
第8章 「あいちトリエンナーレ名古屋市あり方・負担金検証委員会」を検証する
第9章 芸術祭とアーツカウンシル
第10章 芸術祭の危機管理―表現の自由を守るマネジメントは?