さてみなさん聞いて下さい 浜村淳ラジオ話芸―「ありがとう」そして「バチョン」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784901908030
  • NDC分類 779.9
  • Cコード C0076

内容説明

大阪の朝の声、今年30周年を迎えた毎日放送ラジオ「ありがとう浜村淳です」。70年代の深夜放送に知性を持ち込んだ人気番組、ラジオ大阪『ヒットでヒット「バチョンといこう」木曜日』「サタディ・バチョン」。ラジオを語る時、絶対にかかせない浜村淳が語りおこした、ラジオ話芸のすべて。戦争中のラジオと映画との出会いから、修業時代、そしてラジオ話芸花開く「バチョン」以降。しゃべり芸人浜村淳が出来るまでを、一人語りでしゃべりつくします。本書はあるようでなかった、初めての大阪ラジオ史でもあります。

目次

第1部 しゃべり芸人浜村淳のできるまで(青春編)(映画に憧れ続けた少年時代;上京して学んだしゃべり芸)
第2部 しゃべり芸人浜村淳のできるまで(熟練編)(漫談家・浜村淳!?;『バチョン』とその時代;『ありがとう』で三十年)
第3部 浜村淳おしゃべり映画劇場(『街の灯』;『風の丘を越えて西便制(ソピョンジェ)』)

著者紹介

浜村淳[ハマムラジュン]
1935年、京都生まれ。同志社大学文学部新聞学科在学中に司会の仕事を始め、卒業後プロに。さまざまな分野で幅広く活躍しているが、『ヒットでヒット「バチョンといこう」』など特にラジオで数々のヒット番組を生み出してきた