鵺の鳴く夜を正しく恐れるために―野宿の人びととともに歩んだ20年

個数:

鵺の鳴く夜を正しく恐れるために―野宿の人びととともに歩んだ20年

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 185p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784880084534
  • NDC分類 368.2
  • Cコード C0036

内容説明

1994年、新宿西口地下道に飛び込んだ!そこで目にした光景は、強制排除、ダンボール村の焼失、野宿者への襲撃、路上死、そして少しの希望…。「待ったなし!」の状況におかれたリアルな現場からのトーキョー路上エッセイ集。

目次

第1部 路上のいのちを奪うな!(野宿者とはどのような人たちなのか;「ホームレス」を想像してごらん;家のある人とない人の「顔の見える関係」を求めて;野宿者への襲撃がおきない社会をつくり出す)
第2部 新宿で見た光景(車窓から見える街、見えない街;医療から見放された人びと;心なき権力者への手紙;彼がここにきた理由;ダンボールアート・セッション ほか)

著者紹介

稲葉剛[イナバツヨシ]
認定NPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」理事、一般社団法人「つくろい東京ファンド」代表理事、「住まいの貧困に取り組むネットワーク」世話人、「生活保護問題対策全国会議」幹事。1969年広島県生まれ。1994年より東京・新宿を中心に野宿者の支援活動に関わる。2001年、自立生活サポートセンター・もやいを設立し、幅広い生活困窮者への相談・支援活動に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)