ペインクリニシャンのためのオピオイドの基礎と臨床

個数:

ペインクリニシャンのためのオピオイドの基礎と臨床

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 275p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784880037257
  • NDC分類 492.37
  • Cコード C3047

内容説明

本書は、ペインクリニック領域におけるオピオイドの適正な臨床使用をさらに広めることを目的に企画され、オピオイドの基礎と臨床の両方にわたり、臨床家に必要な情報、知識が集約されている。取り上げたオピオイドは平成16年現在、本邦で使用頻度の高いモルヒネ、フェンタニル、オキシコドンそして、オピオイドの導入薬として現在でもその存在意義があると思われるコデインを取り上げている。また、オピオイドとともに用いることにより質の高い鎮痛が得られる薬物である鎮痛補助薬についても詳述。オピオイドの使用にあたって必要な副作用対策、医療用麻薬の管理についても項目を設けている。

目次

第1章 オピオイドの基礎
第2章 オピオイドの臨床
第3章 鎮痛補助薬
第4章 非がん性疼痛に対するオピオイドの使用法
第5章 オピオイドをめぐる最近の話題
第6章 麻薬の管理

著者等紹介

小川節郎[オガワセツロウ]
日本大学医学部麻酔科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《内容》 本書はオピオイドの臨床での使用について鎮痛補助薬やがん性・非がん性疼痛に対するオピオイドの使用法、副作用対策、医療用麻薬の管理を取り上げる。基礎と臨床からオピオイドの研究を解説。