筋弛緩薬 - 基礎からみた臨床への応用

個数:

筋弛緩薬 - 基礎からみた臨床への応用

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 191p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784880036977
  • NDC分類 494.24
  • Cコード C3047

出版社内容情報

《内容》 近年の分子生物学の研究の進歩は,今までの未知の分野に光を投げかけ,筋弛緩薬の基礎研究,臨床の分野でも新しい派遣が認められている。本書は筋弛緩薬の歴史からその薬理,使用法と最近の理論までを紹介し,豊富な経験に裏打ちされた筆者の考え方を公開。    

《目次》
1.筋弛緩薬の歴史/2.神経筋接合部の解剖,生理/3.筋弛緩薬の作用機序/4.筋弛緩薬の化学/5.各種骨格筋に対する筋弛緩薬の感受性/6.神経筋ブロックモニター/7.Phamacodynamic/8.Pharmacokinetic/9.各種筋弛緩薬の用い方/10.筋弛緩薬に対する拮抗薬/11.高齢者と小児に対する筋弛緩薬の使用/12.筋弛緩薬と他薬剤との相互作用/13.各臓器への筋弛緩薬の影響/14.アナフィラキシーショック/15.ヒスタミン遊離/16.自律神経への影響/17.特殊疾患に対する筋弛緩薬の用い方/18.1CUにおける筋弛緩薬の使い方/19.残存筋弛緩効果/20.脳死判定における筋弛緩薬の問題点/21.中枢性の筋弛緩薬/22.悪性高熱