緩和医療と薬物相互作用 - 知っておきたい作用機序と副作用

個数:

緩和医療と薬物相互作用 - 知っておきたい作用機序と副作用

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784880036960
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C3047

出版社内容情報

《内容》 本書は薬物相互作用の基礎知識をはじめ,がん疼痛治療においてよく使用される薬物を中心に,その作用に影響を受ける薬物について纏めた。臨床現場ですぐに役立つ緩和医療従事者必携の一冊。    

《目次》
Part1:薬物相互作用の基礎知識 薬物相互作用とは/Part2:緩和医療における各種薬物相互作用/一鎮痛薬 1.非ステロイド性抗炎症薬(NSADs) 2.麻薬性鎮痛薬 1モルヒネ 2フェンタニル 3リン酸コデイン 3.拮抗性鎮痛薬/二鎮痛補助薬/三,抗痙撃薬 1.カルバマゼピン(CBZ) 2.フェニトイン(PHT) 3.バルプロ酸ナトリウム(B-Na) 4.クロナゼパム(CZP)/四.副腎皮質ステロイド薬(ステロイド)/五.抗不安薬/六.その他/薬物相互作用早見票