難病患者を支えるコーチングサポートの実際

個数:

難病患者を支えるコーチングサポートの実際

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 218p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784880036854
  • NDC分類 493.11
  • Cコード C3047

内容説明

本書は難病の医療現場にコーチングを紹介することを目的としているが、医療界へコーチングを紹介する初めての書物となろう。難病患者をどのように支えるべきか、という理念を提出するのが目的ではなく、コーチングという有効なコミュニケーション形態を、どのように利用できるかを紹介することを目的としている。

目次

1 難病患者マネジメントのためのコーチングの意義(難病とは;難病に伴うさまざまな困難 ほか)
2 コーチング紹介(コーチングの歴史と現状;コーチング―「教える」という立場から「自発的行動を促す」という立場へ ほか)
3 患者・医療スタッフのためのコーチング(医療におけるコーチングの現状;医師にとってのコーチング ほか)
4 難病コーチング各論(ベーチェット病;重症筋無力症 ほか)

著者等紹介

安藤潔[アンドウキヨシ]
1983年慶応義塾大学医学部卒。1991年米国ハーバード大学医学部留学。1995年東海大学医学部講師。2002年東海大学医学部助教授(血液・腫瘍・リウマチ内科)。日本内科学会、日本血液学会、日本臨床血液学会、日本造血細胞移植学会、アメリカ血液学会、国際実験血液学会、日本再生医療学会、他所属

柳沢厚生[ヤナギサワアツオ]
1976年杏林大学医学部卒。1980年杏林大学大学院修了、医学博士。1985年米国ジェファーソン大学医学部留学。1987年杏林大学医学部内科講師。1997年杏林大学医学部内科助教授。1999年杏林大学保健学部教授(臨床内科)。2000年杏林大学保健センター所長。日本コーチ協会理事、日本脂質栄養学会理事、世界アンチエイジング医療協会理事、アットマークインターハイスクール理事、日本臨床生理学会評議員、米国心臓病学会特別正会員(F.A.C.C.)。循環器専門医、内科認定医、東洋医学専門医、認定産業医
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《内容》 難病患者の診療・看護に携わる医療従事者の世界にスポーツ界におけるコーチング法が導入され成果をあげている。本書は、難病の診断・治療・ケアに関わる全ての医療従事者のために、長期治療、看護に必要なコーチング法のノウハウを日本で始めて紹介する医療界待望の一冊。