日常診療に役立つ疼痛コントロール

個数:

日常診療に役立つ疼痛コントロール

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 268p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784880036687
  • NDC分類 492.2
  • Cコード C3047

内容説明

疼痛患者を診察する場合、痛みの部位、原因、患者の状態、状況をよく把握することが大切である。そのことを念頭におき、本書には12項目の疼痛について取り上げた。

目次

頭部の痛み
顔面部の痛み
頚肩腕部の痛み
胸・腹部の痛み
腰下肢部の痛み
皮膚表在部の痛み
末梢神経損傷による痛み
中枢神経傷害による痛み
血行障害による痛み
代謝・免疫疾患による痛み
慢性の痛み
癌による痛み

著者等紹介

並木昭義[ナミキアキヨシ]
札幌医科大学医学部麻酔科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《内容》 第一線病院には痛みを訴える患者が多数来院する。また日常診療においては外来患者のみならず入院患者の痛みの治療に苦慮するケースも多い。専門外の領域であっても患者の診療にあたらなければならない臨床医のために疼痛コントロールの指針となり得る書として企画された書。