先端医学撰書<br> 知っておきたい拒食症・過食症の新たな診療

個数:

先端医学撰書
知っておきたい拒食症・過食症の新たな診療

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 182p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784880036069
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C3047

内容説明

ここ数年“拒食症・過食症”の患者が急増し、その病態にも変化がみられる。現在、各診療施設ではどのように対応しているか。各施設の現状を捉え、本症の診療に役立てた。

目次

摂食障害の治療―認知行動療法を中心に
摂食障害に対する治療の現在
強迫性の強い神経性食欲不振症遷延例の治療―『強迫的防衛』への治療介入
入院による行動療法
摂食障害の臨床
人格障害を合併する難治性摂食障害患者の治療
摂食障害の治療の実際
摂食障害の治療のセッティングと治療選択
摂食障害の治療戦略―治療継続の工夫と家族へのアプローチ
小児期~思春期の体組成・ボディーイメージの変動からみた摂食異常症
小児科領域における摂食障害
神経性食欲不振症
産婦人科に来院する摂食障害患者
摂食障害の治療における臨床心理士の役割

出版社内容情報

《内容》 この30年間で、「拒食症」罹患者は、社会背景も手伝って症例の増加や病態の変化が見られ、広範囲に蔓延するようになった。また拒食症患者が過食症に移行する例も増加している。社会的因子、生物学的因子を踏まえ14項目を選択。27名の専門家による執筆。拒食症・過食症を診療する方にとって読んでおきたい書。