整形外科領域の痛み―外来診療での診断と治療のエッセンシャル

個数:

整形外科領域の痛み―外来診療での診断と治療のエッセンシャル

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B5判/ページ数 289p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784880034911
  • NDC分類 494.72
  • Cコード C3047

内容説明

本書は、「痛み」のメカニズムの理解のために、痛みの伝達系、シナプス伝達物質の概要のほか、痛みの評価について総論にまとめた。疾患の各論は利用しやすいよう、疾患別と部位別の二本立てとした。診断における注意点として問診や初期症状などは、ポイントをついた具体的な内容を目指した。治療では、薬物療法は非ステロイド性抗炎症剤、副臀皮質ステロイド剤のほか、有用な薬剤である睡眠導入剤、抗不安剤、抗うつ剤、抗痙攣剤など、鎮痛補助剤についても取り上げている。神経ブロックに関しては、局所麻酔薬の作用機序、特性などの基本知識のほか、整形外科領域でよく施行される神経ブロック療法の実際、合併症についてもカバーしている。また、よく利用される治療法である物理療法、運動療法、装具療法についても記載した。

目次

1 痛み総論
2 疾患各論(骨折・打撲・捻挫;スポーツ障害 ほか)
3 部位別各論(肩関節;肘関節・前腕 ほか)
4 治療法(整形外科領域における鎮痛剤;局所麻酔薬と神経ブロック療法 ほか)