シリーズ市民の活動<br> ゆびで聴く―盲ろう青年福島智君の記録

個数:

シリーズ市民の活動
ゆびで聴く―盲ろう青年福島智君の記録

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 218,/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784879840929
  • NDC分類 369.27

内容説明

高校2年生で失聴して以来、視覚も聴覚も閉ざされてしまった福島智君は、その後、授業にも日常生活にも創意工夫をこらし、一浪を経て見事、東京都立大学人文学部に合格した。彼は、両手の指を点字タイプの六つのキーに見たて、通訳者が点字を打つ要領で軽く指をたたくという「指点字」によってコミュニケーションをはかっている。ここでは、指点字をはじめ、様々な創意工夫ぶりを紹介する。

目次

第1章 盲ろう二重障害者となって(高校生活を中心に)
第2章 福島智君とともに歩む会
第3章 指点字と通訳
第4章 盲ろう者の現状と課題
第5章 福島智君とともに歩んで想うこと

出版社内容情報

視聴覚二重障害者が大学を卒業したのは日本で初めてのことである。福島智君と彼の母親が発明した指点字をはじめ、様々な創意工夫ぶりを紹介する。