再犯防止をめざす刑務所の挑戦―美祢・島根あさひ社会復帰促進センター等の取組み

個数:

再犯防止をめざす刑務所の挑戦―美祢・島根あさひ社会復帰促進センター等の取組み

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 186p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877987596
  • NDC分類 326.53
  • Cコード C0036

内容説明

官民協働の刑務所プロジェクトにはさまざまな困難が伴った。幾度にもわたる地域住民への説明会、役所内での調整…。創設後は、再犯ゼロを目指し、先進的な職能訓練プログラムで、官民の職場文化の違いを乗り越てきた。元刑務官が、プログラムの実例に触れながら、新しい刑務所の試みを紹介。

目次

第1部 再犯防止への取組み状況(美祢社会復帰促進センターでの取組み;日本初のPFI刑務所・美祢社会復帰促進センターの全体像 ほか)
第2部 再犯防止施策の現状(再犯防止推進計画の重点課題;再入者数と再入者率の傾向 ほか)
第3部 刑事施設の問題点とその改善策(刑務作業編重の処遇;職業訓練の充実拡大 ほか)
第4部 今後の再犯防止のあり方(ソーシャル・インクルージョン(社会的包摂)の理念
地域参加型矯正処遇の創造)
第5部 矯正施設の概要と最近の犯罪動向(矯正施設の概要;刑事施設の収容状況 ほか)

著者等紹介

手塚文哉[テズカフミヤ]
1956(昭31)年8月生まれ。1979年3月東海大学工学部電気工学科卒、同年3月札幌刑務所に採用。矯正局矯正調査官、研修所広島支所教頭、美祢社会復帰促進センター長、府中刑務所処遇部長、名古屋矯正管区第二部長、島根あさひ社会復帰促進センター長、東京矯正管区第二部長、府中刑務所長、大阪矯正管区長を経て、2017年3月、定年退職。現在、奈良少年刑務所跡地に星野リゾートがホテル建設を予定しているが、そのプロジェクトの一環である監獄史料館創設プロジェクトに参加していた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。