古代中国語音韻学ハンドブック

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 1113/高さ 22cm
  • 商品コード 9784877716189
  • NDC分類 821.1
  • Cコード C0082

内容説明

現代の中国語には四声があることはたいていの人が知っているが、古代中国語には四声がなかったことはほとんど知られていない。また、現代の日本語に古代中国の発音が残されていることも、あまり知られてはいない。この本は中国最古の詩集である『詩経』の押韻を基礎にして、古代中国語音韻システムの再構築を試みた総合的な、かつ詳細なデータを提供している専門書である。同時に、言語学の研究を志している人々はもとより、中国語を学ぼうとしている人達から漢詩を作っている人々、日本と中国を結びつけている漢字文化に興味をもっている人々など、あらゆる段階の幅広い人たちにとって興味深い話題を提供している本でもある。

目次

第1章 イントロダクション
第2章 中古中国語音韻体系
第3章 歴史音韻学の証拠としての押韻詩
第4章 古代中国語の押韻に関する伝統的研究
第5章 古代中国語の音節:あらまし
第6章 古代中国語の音節:音節頭子音
第7章 古代中国語の音節:介音及び主母音
第8章 古代中国語の音節:韻尾及び後韻尾
第9章 『詩経』の字体及び版本
第10章 古代中国語の新しい韻カテゴリー

著者等紹介

バクスター,ウィリアム・H.[バクスター,ウィリアムH.] [Baxter,William H.]
1949年生まれ。ミシガン大学アナーバー校アジア言語・文化学部及び言語学部教授。歴史言語学分野における研究には、中国語とその諸方言の歴史に関する研究及び言語の歴史を復元するための数学的処理方式の活用が含まれている。1977年コーネル大学で言語学博士号を取得

田中孝顕[タナカタカアキ]
1967年國學院大學卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

23
あのメロディアスな声調は、紀元前の中国語にはなかった!?『詩経』の押韻パターンの分析を頼りに、古代中国語の音を復元した労作。「ハンドブック」だというのに、すごい分厚さで、著者の復元過程を詳述。そして復元された古代の言葉の、なんと現代と違っていることか! 不思議、そして複雑すぎ。どう発音したらいいのだろう? 3千年の歳月はやはり長いのだ。そして日本語の漢字音が中古の姿を保存していることに改めて驚く。yueという現代の発音から「月」に語末のtがあることは出てこないが、著者の復元した古代形にはもちろんある。2014/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8100487

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。