死は終わりではない

個数:

死は終わりではない

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 325p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877713805
  • NDC分類 147
  • Cコード C0030

内容説明

自分の死体を見ているときの、あるいは自分の自殺が引き起こす騒動や、心痛を知ったときの生々しい描写。死ぬとはどういうことかについてのエリックの視点を通して、「いかに生きるべきか」をわれわれに問う衝撃の書。

目次

第1部 ぼくの死(人生最期の日;別れ ほか)
第2部 移行―トランジション(人生の振り返り;暗闇 ほか)
第3部 死後の世界(初めて見た天国;マニフェステーション ほか)
第4部 いまのぼく(スピリットガイドとしての生活;スピリット通訳とのコラボレーション ほか)

著者紹介

メドフス,エリック[メドフス,エリック] [Medhus,Erik]
2009年10月6日に死去した永遠に20歳の青年

メドフス,エリーサ[メドフス,エリーサ] [Medhus,Elisa]
30年以上にわたり内科医として勤務してきた医師で医学博士。5人の子どもの母親でもある。育児に関する3冊の著書があり、学校、子を持つ親のグループ、あるいは企業で講演も行ってきた

峰岸計羽[ミネギシカズハ]
英日翻訳家。別名でも心理学・自己啓発分野で訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)