ひとりの「さみしさ」とうまくやる本―孤独をたのしむ。

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

ひとりの「さみしさ」とうまくやる本―孤独をたのしむ。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784877232733
  • NDC分類 188.84
  • Cコード C0095

内容説明

年をとって「さみしい」のはあたりまえ。「老い」、「おひとり様」、「友達がいない」…。すべての孤独に効く話。YouTube人生相談「大愚和尚の一問一答」大愚和尚、書き下ろし!

目次

第1章 なぜさみしいの?
第2章 老いのさみしさとうまくやる
第3章 おひとり様のさみしさとうまくやる
第4章 集団の中でのさみしさを感じたとき
第5章 友達がいないさみしさについて
第6章 家族の中でのさみしさについて
第7章 愛する人との死別のさみしさを乗りこえるには

著者等紹介

大愚元勝[タイグゲンショウ]
慈光グループ会長。駒澤大学、曹洞宗大本山総持寺を経て、愛知学院大学大学院文学修士号を取得。僧名「大愚」は、大バカ者=何にもとらわれない自由な境地に達した者の意。佛心宗大叢山福厳寺住職。僧侶、事業家、作家・講演家、セラピスト、空手家と5つの顔を持ち、「僧にあらず俗にあらず」を体現する異色の僧侶。愛知県小牧市に540年の歴史を誇る禅寺、福厳寺の弟子として育つ。3歳で経を習い5歳で葬儀デビュー、10歳で僧籍を取得するも、「お寺の子」と噂される重圧に反発して寺を飛び出す。32歳で起業。慈悲心を具現化したいと、複数の事業を立ち上げて軌道に乗せる。40歳を目前に寺に戻ることを決意。事業を後進に引き継ぎ、インドから日本に到るまでの仏教伝道ルートをはじめとする世界23カ国を旅し、自身の僧侶としてのあり方や寺院のあり方を問い直す。平成27年に福厳寺31代住職に就任。福厳寺興隆と寺町づくりに尽力する傍ら、佛心僧学院、講演、執筆、Webサイトなどを通じ、仏教に学ぶ「生き方」を、独自の切り口でわかりやすく人々に伝えている。YouTube人生相談「大愚和尚の一問一答」はチャンネル登録者数33万人を超える。(2021年3月現在)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スリカータ

17
人気YouTuber大愚和尚の本を初めて読む。説法の語り口が蘇るようだ。人生相談番組に寄せられた多くの悩みから、根源は孤独にあると説き、仏教の視点で様々なアプローチから解決法を探る。お釈迦様の生い立ちで、29歳で出家の際に残された妻や子供のその後の人生が気になった。他の著書も読んでみようかな。2022/08/22

T

11
最近、YouTubeでたまたま大愚和尚の動画を見つけて、興味深いので見ていました。著書があるなら、落ち着いて著者の考えに触れたいと思い読んでみました。孤独をキーワードに、社会の中の孤独、独り身、家庭の中の孤独、死別、自分の死の孤独など多様なテーマで孤独が語られています。仏教の教えや戒めなども平易な言葉で紹介されているので、仏教に触れるのによい本でした。自分や他者の幸福のために、利己心より利他心を何より重んじるという思想は普遍的なものなのだと改めて確認できました。意外と科学的なことも書かれていて面白いです。2022/09/19

K K

9
仏教は大好きで色々読んでいますが、うーん、なんだか私にはあまり響かなかったです。 期待していたから残念。 コロナ禍で辛い方もたくさんいるでしょうに、もっと心に寄り添うような、慈悲の気持ちが感じられる書き方ならすっと入ってきたのでしょうが。 アドラーを読んでいても感じるのですが、やはりどんな人でも読めるような間口の広い本は口調などは気をつけなくてはならないかと思います。 仏教好きだから残念です。2021/09/06

taiyou gyousi

8
孤独感を様々な視点から見て、その解決法を説いている。孤独感は自分が作り出しているもの。精神的に自立して、自分のことより周りの人のことを考えて生きることで、孤独の悩みは解消される。思いやりを持つことが大切ですね。 2021/08/07

れい

7
【図書館】あれ?何か読んだことがあるような気がする‥‥でも登録してない?デジャヴュ?高齢者向けに書かれた本のようだけど、なるほどと思うことも多かった。孤独は自分にとって本当に悪いものか?人とよい塩梅の距離で繋がるのも必要だけど、私は一人の時間も好き。2022/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17720415
  • ご注意事項