内海忠司日記 1928‐1939―帝国日本の官僚と植民地台湾

個数:

内海忠司日記 1928‐1939―帝国日本の官僚と植民地台湾

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 1195/高さ 23cm
  • 商品コード 9784876985913
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C3021

内容説明

台北州警務部長を皮切りに州知事を務め、その後「南進」のための国策会社に天下りした地方長官の詳細な日記と回想録。これまでの、最高権力者の資料に基づいたいわば「上からの」政治史とは違う、植民地の権力構造や政治空間、現地の意思決定の実情や日本人と台湾の住民の相互交渉の実態など、植民地支配の実際を赤裸々に示す、新しい政治史。

目次

第1部 研究篇(内海忠司の経歴―地主・帝大・台湾;「民勅」との相互依存関係―内海忠司と在台日本人;地方統治をめぐる隔絶・軋轢・依存―内海忠司と台湾人;内海忠司の高雄「州治」と軍;植民地官僚の「日常生活」―家族と余暇)
第2部 翻刻篇(日記;回想録;書簡(来簡))
第3部 資料篇(内海忠司関係文書目録;内海家親族関係図・子ども年譜;人物レファレンス)

著者等紹介

近藤正己[コンドウマサミ]
筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得退学。文学博士(筑波大学)。近畿大学文芸学部教授

北村嘉恵[キタムラカエ]
京都大学大学院教育学研究科博士課程退学。博士(教育学)(北海道大学)。北海道大学大学院教育学研究院准教授

駒込武[コマゴメタケシ]
東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)(東京大学)。京都大学大学院教育学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。