デカルトをめぐる論戦

個数:

デカルトをめぐる論戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月24日 02時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 348p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876982646
  • NDC分類 135.2
  • Cコード C3010

内容説明

近世の哲学はデカルトから始まる。それ以降の哲学とは、哲学者たちがデカルト主義をめぐって戦った論争の歴史と言ってもよい。そのデカルト研究の、わが国における泰斗、小林道夫氏に対して、近世哲学、現代科学哲学の専門家がそれぞれの立場から論争を挑む。

目次

第1部 哲学史編(「“私”とは何か」―パスカルの“私”とデカルトの“私”;スピノザによる“経験的”なデカルト批判;懐疑の役割―デカルトとヒューム;ライプニッツとデカルト―科学の形而上学的基礎づけと無限小をめぐって;カントの「経験的実在論」について―小林道夫氏のカント解釈に寄せて;パースのデカルト批判;ベルクソンとデカルト)
第2部 現代哲学編(誰よりも偉大なデカルト―デカルト=小林道夫氏の心の哲学について;科学的実在論から超越論的哲学へ;自然主義批判を批判する)

著者等紹介

安孫子信[アビコシン]
法政大学文学部教授

出口康夫[デグチヤスオ]
京都大学大学院文学研究科准教授

松田克進[マツダカツノリ]
広島修道大学人間環境学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。