西洋古典叢書<br> ピュロン主義哲学の概要

個数:

西洋古典叢書
ピュロン主義哲学の概要

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月14日 23時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 457,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784876981083
  • NDC分類 131.7
  • Cコード C1310

出版社内容情報

私は、ガレノス『自然の機能について』(三千円)とセクストス・エンペイリコス『ピュロン主義哲学の概要』(三八〇〇円)しか買ってないが、どちらも、もっとずっと早く日本に紹介されてしかるべき本だった.....。(立花隆『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』233頁、より)

内容説明

近世哲学の形成に歴史的な影響を及ぼした古代懐疑主義哲学が今、初めて全容を現わす。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

roughfractus02

3
主観を世界や宇宙に拡大する形而上学がソクラテス以後の哲学に浸透するヘレニズムの時代、ピュロンが主張した懐疑主義は経験の世界への拡大を拒否した。ピュロン哲学の紹介と題された本書は、プラトン派のみならずストア派、エピクロス派の哲学にも異議を唱え、判断停止(エポケー)の力によってアタラクシア(平安)を得ようと、思考の領土を最小化するロジックを展開する。本書は、国民国家の時代にヒュームが経験論を構想し、帝国主義の時代にフッサール現象学に影響を与えたように、世界が肥大する時代にその原理に異議申し立てするように蘇る。2017/03/07

ppp

2
ずっと読もうと思っていたがようやく。近世哲学の隠れたバックボーンの懐疑主義の根源であるが、精神的平静への志向、受動的認識に立脚した知覚や認識の個人主義的視点は、改めて哲学史を勉強する重要性を感じる。2014/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/86974
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。