HRCのNXR開発奮戦記―ホンダ パリ・ダカールラリーの挑戦 1986‐1989

個数:

HRCのNXR開発奮戦記―ホンダ パリ・ダカールラリーの挑戦 1986‐1989

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月27日 07時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 232p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784876873890
  • NDC分類 788.6
  • Cコード C2053

出版社内容情報

ホンダワークスマシンの開発などを担当するHRC(ホンダ・レーシング)は、1986年からのパリ・ダカールラリーへのワークス参戦に向けて、水冷V型2気筒のプロトタイプNXR750を開発。フランスホンダやイタリーホンダのライダーの奮闘によって、1989年の活動終了まで4連覇という偉業を達成する。本書は、その様子をつぶさに取材した著者による、唯一無二の書である。

内容説明

ホンダワークスマシンの開発などを担当するHRC(ホンダ・レーシング)は、1986年からのパリ・ダカールラリーへのワークス参戦に向けて、水冷V型2気筒のプロトタイプNXR750を開発。フランスホンダやイタリーホンダのライダーの奮闘によって、1989年の活動終了まで4連覇という偉業を達成する。本書は、その様子をつぶさに取材した著者による、唯一無二の書である。

目次

1984年秋
第7回ラリー
開発
試作、実験、設変
現適
実戦
見直し
2連覇へ向けて
辛勝
熟成
イタリアとフランス
4年めの完成
資料

著者等紹介

西巻裕[ニシマキヒロシ]
1957年神奈川県生まれ東京育ち。レースカメラマンをしながら『ライディングスポーツ』誌、『トライアルジャーナル』誌の立ち上げにかかわる。その後パリ・ダカールラリーの取材を3回おこない、1987年にはエジプトのファラオラリーに出場、総合25位で完走を果たした。他、ジャングルで開催される4WDイベント、キャメルトロフィーの同乗取材なども経験、1997年にトライアルの月刊誌『自然山通信』を創刊して現在に至っている。福島県に移住し東日本大震災を体験したが、その後も福島県浜通りでトライアル大会の主催をおこなう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。