山羊のいる庭で

個数:

山羊のいる庭で

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月10日 09時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784875866138
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0070

内容説明

『幻色のぞき窓』から11年、再び、蠱惑的な世界へ―創作の原点を辿るエッセイ&作品集。幼少期からの記憶が今明らかに。

目次

1 鏡の奥にある扉
2 真夏の夜の幻妖
3 豹の眼・彦造礼讃
4 シーレの庭
5 ノスフェラトゥの匣・扉の夢
6 鏡花幻影
7 ヴァニタス・死と少年
8 窓・昼下がりの亡霊
9 球体関節人形の囁き・恋月姫礼讃
10 明月谷・幻夜の月

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちびあんすも

14
天才の見える世界は凡人とこうも違うのか。山本タカトさんはイラストが美しいだけじゃなく、文章まで美しい。エッセイなのに、山本タカト作の幻想小説を読んでいるよう。目に見えるもののとらえかたが私と別格。見えるものを見えるままにとらえるのではなく、別のフィルターがかかっているようだ。どこまでが本物でどこから幻想(空想)なのか?山本タカトには幻想の方が現実に見えてやしないだろうか?すごいものを読んだ。2022/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17950506

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。