国際協力・国際機関人材育成シリーズ<br> 格差と夢―恐怖、欠乏からの解放、尊厳を持って生きる自由 国連の開発現場で体験したこと グローバルキャリアのすすめ

個数:
  • ポイントキャンペーン

国際協力・国際機関人材育成シリーズ
格差と夢―恐怖、欠乏からの解放、尊厳を持って生きる自由 国連の開発現場で体験したこと グローバルキャリアのすすめ

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年06月25日 10時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784875398110
  • NDC分類 329.39
  • Cコード C0030

出版社内容情報

筆者が過去に3つの国連機関で職員として現場で体験したことに基づいて執筆。

内容説明

今世界では13億人が貧困に苦しんでいる。富める者との格差は広がっている。日本は国連が定めた17の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に熱心だ。飢えと貧困を撲滅し、不平等や格差を是正しようとするSDGsの目標は我々地球市民の夢だ。夢の実現には国境を越えた取り決めや制度が必要だ。貧しい人々も豊かな人たちと同じくSDGsを達成し、恐怖、欠乏から解放され、尊厳をもって生きる自由を享受できるのか。インターネットの画期的な発展に助けられ夢の実現に市民自身が参画する時代がやって来た。36年間にわたる国連開発現場で夢の実現に挑戦した人々と共に戦ってきた体験を共有したい。

目次

最初の赴任地:ビルマ
アラブの穀倉:混迷するスーダン
インドの伝統的社会構造を変える経済発展と教育改革
インドネシアの民主化
東ティモールの春と国づくり
東京からできたこと
貧困と格差の生まれる背景
ビジネスと人権
より良い生活を求めて国境を越える人々
新しい自由を求めて
有志へ
終章

著者等紹介

浦元義照[ウラモトヨシテル]
上智大学特任教授。1974年上智大学外国語学部英語学科卒。ハーバード大学ケネディースクール行政学修士号取得。ハーバード・ビジネススクールリーダーシップコース修了。国際協力及び国際開発に40年間にわたり従事。1978年より国際連合児童基金(UNICEF)に勤務。日本兼韓国の代表を含め開発途上国に25年間駐在。現場で社会経済開発の経験を積む。旧ユーゴスラビア緊急支援事業をはじめ、平和維持活動の経験は10年以上に及ぶ。2007年国際連合工業開発機関(UNIDO)事務局事務次長。2012年国際労働機関(ILO)アジア太平洋地域総局長。2015年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なーちゃま

1
仁先生の先輩で、長らく国際協力の最前線に身を置いてきた人の話をお聞きするために読了。本当に最前線に居た人の熱く凄味のある文章が並んでいて、その熱さに大分感化された。その割に浦元先生ご本人は本当に丁寧なジェントルマンで、文章と実際の姿とのギャップに非常に驚かされたのが印象的。「SDGsは貧困層の夢だが格差を増大する」というのが先生の主張、確かにSDGsの達成を”競わせる”ことによって、より自国内に目を向ける風潮を作り出してしまったことは否定できない。しかし自分はもう少しSDGsに希望を見出してみたい…。2021/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17762031

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。