図解き論理的哲学史逍遙―ポルフィリオスの樹にはじまる

個数:

図解き論理的哲学史逍遙―ポルフィリオスの樹にはじまる

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年04月12日 23時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 236p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784875025207
  • NDC分類 130
  • Cコード C1010

内容説明

タレス以来、プラトンやアリストテレスをはじめ多彩な哲学者を輩出した古代ギリシア。新プラトン派の哲学者の名を付した「ポルフィリオスの樹」は、古代ギリシア論理学&哲学のエッセンスを示す図として、剪定されながらも後代の青洋思想の根幹をつらぬいてきた。古代ギリシアから中世の神学全盛時代をへて近代科学の誕生、記号論理学や論理実証主義の発展など、西洋思想史をつらぬく抽象構造をさぐり、健全な思考への道を示す。

目次

第1部 正統の西洋哲学(筆者の素性からお話します;ポルフィリオスの樹の図をご存知ですか;ポルフィリオスの樹はギリシア哲学の総決算を表した便利な図です;ポルフィリオスの樹は時代が進むにつれて剪定が必要になります;神と実体と精神という三つの要素を捨ててしまうとポルフィリオスの樹はスリムな姿になります ほか)
第2部 傍流の西洋哲学(カントの哲学;ヘーゲルの哲学;マルクスの思考法;レーニン・スターリンの思考法)

著者等紹介

山下正男[ヤマシタマサオ]
1931年生まれ。京都大学人文科学研究所名誉教授。著書の他、翻訳書もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。