子どもの涙―ある在日朝鮮人の読書遍歴

個数:

子どもの涙―ある在日朝鮮人の読書遍歴

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年05月28日 07時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784874986806
  • NDC分類 019
  • Cコード C0010

内容説明

泣くこと厳禁!授業中に「I am a Japanese」と唱和できなかった少年の悲しみ―。寺田寅彦から魯迅やフランツ・ファノンまで、作家・徐京植が心の糧とした読書体験を語る。

目次

思春期の戸口にて―『寺田寅彦集』
子どもの涙(一)―エリザベス・ルウィズ『揚子江の少年』
子どもの涙(二)―ニコライ・バイコフ『偉大なる王』
子どもの涙(三)―エーリッヒ・ケストナー『飛ぶ教室』
豆を煮るに―吉川英治『三国志』
いやな奴―太宰治『思ひ出』
男について―『現代詩人全集』ほか
読めなかった本―トーマス・マン『魔の山』
希望とは―魯迅『故郷』
廃滅せんとする言葉(一)―許南麒『朝鮮冬物語』
廃滅せんとする言葉(二)―金素雲編訳『朝鮮詩集』
橋をわがものにする思想―フランツ・ファノン『地に呪われたる者』

著者等紹介

徐京植[ソキョンシク]
1951年京都生まれ。東京経済大学現代法学部教授。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スプーン

38
少年期の本にまつわるエッセイ集。 特異な立ち位置(在日)から語られる本の話には、時代の真実と、宿命のやるせなさを感じずにはいられませんでした。 向田さんに近かったです。2024/01/09

なにょう

13
ある朝鮮人の一代記。読んだ本を追いかけながら自分の越し方を振り返る。京都での幼少期。★はてなぜ京都に朝鮮人が流入したか。戦前、大阪や京都は製造業が大いに栄えた。大阪に収まりきらなかった人びとは京都に流れた、と。著者の父は長男で、朝鮮に引き揚げた一族を養うために、日本に残って稼いでいた、と。戦後の時代、でもまだまだ戦前の人びとが、現役だった60年代に少年時代を送った著者。そしてその世代の子どもが、80年代生まれの我われである。出自を言い訳にせず、淡々と誠実に進んできた著者の人生が伺える。2021/07/31

チェアー

9
文庫で持っているのに(積読)、新装になったのでついつい。 本には記憶が染みやすい。読んだ時、何を考え、そばにはだれがいて、どんな声が聞こえていたか。本の表紙や挿絵をみると、そんなことをふつふつと思い出す。 本の内容よりも、そんな思いや記憶が一人の人間を形づくっていくのだと思う。 声高に民族や政治を語るのではなく、その時々の記憶と本に寄り添って、穏やかに語る、その語り口がいい。 人を輪切りにすると、いろんな本が出てくるような気もする。2020/08/26

tellme0112

7
復刻版のみ理由を知る。都知事線の後に読む本一冊目。昔わくわくしながら本を読んでたことを思い出した。2020/07/08

ファルコファン

0
子どもの頃に同じ本を読んでもこんなに感想が違うのか。 子どもの時に自分は何を考えていたのだろう。思い出せない。2022/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13656788
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。