修学旅行のための沖縄案内

個数:

修学旅行のための沖縄案内

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年06月26日 12時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 94p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874983720
  • NDC分類 K291
  • Cコード C0036

目次

1 亜熱帯・サンゴ礁の島じま(サンゴ礁の海と島;サンゴ礁の生き物たち ほか)
2 琉球王国の時代(沖縄と本土;日本人のルーツ・港川人 ほか)
3 沖縄戦―戦火に焼かれた島(平和の発信地「平和の礎」;アジア太平洋戦争と沖縄 ほか)
4 「基地の島」の戦後史(日本から切り離された沖縄;ゼロからの出発 ほか)
5 暮らしの中に生きる沖縄文化(「琉球」と「沖縄」;沖縄語のルーツ ほか)

著者等紹介

大城将保[オオシロマサヤス]
1939年、沖縄県玉城村(現南城市)に生まれる。沖縄史料編集所主任専門員として沖縄県史の編纂にたずさわった後、県教育庁の文化課課長、県立博物館学芸課長等をへて、県立博物館長をつとめる。沖縄戦の研究者として、著書に『沖縄戦』(高文研)など、また作家として嶋津与志の筆名で小説『琉球王国衰亡史』(平凡社)など、さらに戯曲・シナリオなどの作品がある。現在、NPO法人・沖縄県芸術文化振興協会理事長、新沖縄県史編集委員、沖縄平和ネットワーク代表世話人

目崎茂和[メザキシゲカズ]
1945年、新潟県に生まれ、東京で育つ。東京教育大学(現筑波大学)大学院で地理学を専攻後、1975~86年の12年間、琉球大学で講師、助教授をつとめるかたわら、沖縄の自然・民俗の調査・研究に取り組む。その後、三重大学をへて、現在、南山大学総合政策学部教授。沖縄をはじめ世界各地の環境調査を行い、とくにサンゴ礁などの環境保全研究活動をすすめている。現在の専門は環境学、地理学、風水学、沖縄学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。