雲仙火山災害における防災対策と復興対策―火山工学の確立を目指して

個数:

雲仙火山災害における防災対策と復興対策―火山工学の確立を目指して

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 08時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 580p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784873786230
  • NDC分類 369.3
  • Cコード C3051

内容説明

本書では噴火が終息したことを受け、雲仙普賢岳の火山災害の経緯および課題をこれまでの調査結果をもとに整理している。すなわち、これまでの火山災害、応急対策、長期化、大規模化した火山災害による社会基盤施設の被害と復旧、火山災害の地域への影響、被災地の復興・振興対策、本復興・まちづくりに関する市民の受取りなどをとりまとめている。本書は個々の課題ごとに調査結果を詳細に述べている。

目次

第1部 火山災害応急対策
第2部 長期化・大規模化した火山災害による社会基盤施設の被害と復旧
第3部 火山災害の地域への影響
第4部 被災地の復興・振興対策
第5部 本復興・まちづくりに関する市民の受取り
第6部 資料