関西大学東西学術研究所国際共同研究シリーズ<br> 戦争の記録と表象―日本・アジア・ヨーロッパ

個数:
  • ポイントキャンペーン

関西大学東西学術研究所国際共同研究シリーズ
戦争の記録と表象―日本・アジア・ヨーロッパ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 222p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784873545653
  • NDC分類 904
  • Cコード C3090

目次

唐船が中国や日本に伝えた戦争情報
戦に翻弄された能楽師たちと修羅能
世界の中のキューバ―ヘミングウェイは“誰がために鐘を鳴らし”たか?
戦争文学の日独比較―戦争はなぜ語り直されるのか
戦争の記憶と人物の英雄的形象化―壬辰戦争の鄭起龍を中心に
「中津隊」について
火野葦平『土と兵隊』研究―記録の検証と表象の問題
火野葦平と戦争―弟・玉井政雄へ
日本における内乱の記録と表現―戦乱を記録する文体
戦争を記憶する倫理的な方式―全商國の「南怡島」を読む〔ほか〕