オレときいろ

個数:
  • ポイントキャンペーン

オレときいろ

  • ミロコマチコ【作】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • WAVE出版(2014/11発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)※店舗受取はキャンペーン対象外※
  • ポイント 75pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月28日 02時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 31cm
  • 商品コード 9784872909180
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

人気絵本作家ミロコマチコの新作絵本!
デビューから3作連続受賞、ミロコマチコの光り輝く新境地。いのちの気配に満ちた世界を描く。
「なにもかも きいろに まみれて おどりながら 描いたよ」(ミロコマチコ)。

第63回小学館児童出版文化賞受賞!(『ぼくのふとんはうみでできている』)
第18回日本絵本大賞受賞!(『オオカミがとぶひ』)
第45回講談社出版文化賞絵本賞受賞!(『てつぞうはね』)

命が芽吹く季節、ある日猫は気配を感じます。
「きいろがオレにまとわりつく……」
つかまえようとしてもするりと逃げるきいろ。
やがてそれはどんどん増殖して……。

【著者紹介】
ミロコマチコ

1981年大阪生まれ。23歳の時に独学で絵を描き始め、2005年初の個展開催。勢い溢れる動植物の絵画が高く評価される。以来、画家として様々な賞を受賞する。2011年、画文集『ホロホロチョウのよる』(港の人)を刊行。念願だった絵本作家としてのデビュー作『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス)でいきなり第18回日本絵本賞大賞を受賞。2013年には「情熱大陸」(5/5放送)で取り上げられ誰もが知る大型新人となる。2014年『てつぞうはね』(ブロンズ新社)で第45回講談社出版文化賞絵本賞を受賞、『ぼくのふとんは うみでできている』(あかね書房)で第63回小学館児童出版文化賞を受賞。東京都在住。

内容説明

デビューから3作連続受賞、ミロコマチコの光り輝く新境地。

著者等紹介

ミロコマチコ[ミロコマチコ]
1981年、大阪府生まれ。画家・絵本作家。2012年、『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス)で絵本デビュー。同作で2013年、第18回日本絵本賞大賞を受賞した。2014年、『てつぞうはね』(ブロンズ新社)で第45回講談社出版文化賞絵本賞を、『ぼくのふとんはうみでできている』(あかね書房)で第63回小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。美術同人誌『四月と十月』の同人。2014年、初の画集『けだらけ』(筑摩書房)を出版(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

92
「きいろはとつぜんやってきた」。木の上に立つ鮮やかなブルーの猫と対峙する〈きいろ〉。最初の場面で一瞬、レオ・レオーニ氏の絵本を思い浮かべましたが、そこから俄然、アクションシーンが展開します。凄い迫力です。勢力を拡大する〈きいろ〉。地面が、空気が染まる中、懸命に応戦する猫。疲れて小休止。すうすう すやすや すうすうすう。次第に〈きいろ〉に飲み込まれていく世界。そして……。抽象的に描かれた絵本ですが、この感覚はとても良く分かります。だって、春は〈きいろ〉に運ばれてやって来るんだもの。2014年11月初版。2015/03/15

おくちゃん🍸柳緑花紅

68
絵のパワーが素晴らしい!そしてオレときいろの戦い?の末のラスト、良いですねぇ。函館蔦屋にて読了。2020/09/09

舞妓さんそっくりおじさん・お寺ちゃん

44
イマイチよくわからない話だが、躍動感あふれるダイナミックな絵本で見ていて楽しかった。【以下ネタバレ】一点の黄色を発見した猫。その黄色はてんとう虫だった。黄色を退治する為に必死で追いかける猫の前に怒涛の黄色の嵐が。黄色い動物達があふれ、黄色の嵐は文章の活字にまで吹き付ける。黄色に飲み込まれる猫。最後は黄色と上手くやるのだが、ハッピーエンドなのかどうかもよくわからない。ただ圧倒的な迫力に舌を巻く、それこそ嵐の様な絵本である。この黄色は春の比喩であろうか?。そう思うと花粉症の私はなんだか痒くなった。2015/03/25

keroppi

41
ついでにもう一冊。黄色がとてもきれい。アクリルの発色と印刷は、相性がいいのかなぁ。ミロコマチコさん、今後も注目して行きたい。2016/12/22

ゆか

40
ダイナミックな絵本。大人向きかな。黄色がテントウムシから変化したものなのか、呼び出されたものなのか、わからないまま話は、進む。最後は、急展開。2016/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8453223

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。