沖縄ハーブ健康法―病気のデパートだった私がみつけた病に負けない生き方

個数:

沖縄ハーブ健康法―病気のデパートだった私がみつけた病に負けない生き方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月18日 05時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872907308
  • NDC分類 499.87
  • Cコード C0095

出版社内容情報

リウマチ・心臓病・ガンの疑い……。30代~50代は“病気のデパート”だった……。沖縄ハーブと食事で体を立て直し、83歳で老人介護施設でお世話する側にたてる健康の秘密を、沖縄のマザーテレサが紹介。

沖縄ハーブで健康になる!
TV、ラジオ、新聞、雑誌で話題!
“沖縄のマザーテレサ”による沖縄ハーブ健康法

リウマチ・心臓病・ガンの疑い……
30代~50代は“病気のデパート”だった……。
服用していた薬を土に埋め、
現在、1日睡眠3時間、
83歳で老人介護施設でお世話する側にたてる
沖縄ハーブの力を紹介!

【著者紹介】
◆著者紹介

安田未知子(やすだ・みちこ)

介護老人保健施設「いずみ苑」苑長。
沖縄県立第一高等女学校では、校長と沖縄軍司令官の牛島満中将との伝令係を任され、戦後、沖縄の英語教員免許女性第一号となるなどの経験をまとめた『引きうける生き方』(小社刊)が新聞、テレビ、雑誌で大きく取りあげられる。“沖縄のマザーテレサ”と呼ばれ、全国で有名な沖縄の人物。

内容説明

不明熱、リウマチ、心臓病、がん、失明危機、臨死…沖縄ハーブと食事で生き方を変え病いを克服!83歳、黒髪、眼鏡なし、睡眠3時間、電話相談、老人介護施設の運営。その元気の秘密。

目次

第1章 病気の連鎖が始まった(二〇代でリウマチを発症;麦は踏まれても生きている;生かされている私の命)
第2章 沖縄ハーブとの出会い(沖縄はハーブの宝庫;ハーブで体を整える)
第3章 沖縄料理と母の味(薬食同源;黒髪と美肌をつくる沖縄食)
第4章 元気をつくる生活習慣(自分の細胞と話をする;パワーの源は水と大豆;体を健やかに保つコツ)
第5章 前を向く生き方(病気は人まかせにしない;人生は笑い福い;笑顔で毎日を過ごす;誰もが誰かに必要な存在)

著者等紹介

安田未知子[ヤスダミチコ]
介護老人保健施設いずみ苑苑長。東京都港区生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。