若杉ばあちゃんのアトピー・アレルギーの話

個数:

若杉ばあちゃんのアトピー・アレルギーの話

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月18日 05時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872906998
  • NDC分類 493.931
  • Cコード C0095

出版社内容情報

20年近くアレルギー・アトピーに悩む人たちの食事指導をし、治してきた著者だからこそ教えられる食事と手当法が満載の一冊!

4人に1人がアレルギー時代。
医者や薬に頼らずアトピー・アレルギーを治したいお母さんに送る1冊。
「なぜ、アトピー・アレルギーになるのか?」をはじめ、 アトピー・アレルギーになる食事、ならない食事、治す食事、野草や野菜を使った手当法など、具体的な治し方が丁寧にわかる!

第1章  アトピー・アレルギーの正体 
第2章 「自分で治る力」をつける
第3章 陰陽のバランス食で丈夫なからだに
第4章 アトピー・アレルギー暮らしの知恵
第5章 若杉ばあちゃんの体温を上げる料理

【著者紹介】
◎若杉友子(わかすぎ・ともこ)
1937年大分県生まれ。結婚後静岡市で暮らしていたときに、川の水の汚れを減らす石鹸運動などのさまざまなボランティア活動を行う。そのなかで、自然の野草の力に着目。食養を世に広めた桜沢如一の教えを学び、1989年、静岡市内に「命と暮らしを考える店、若杉」をオープン。
1995年、自給自足の生活を実践すべく、京都府綾部市の上林地区に移住。
全国を駆けめぐり、陰陽の考えにもとづいた野草料理と、日本の気候風土に根ざした知恵を伝え続けている。著書に『子宮を温める健康法』『一汁一菜子育て法 』(小社刊)などがある。

内容説明

免疫力を高めて「毒出し」。クスリに頼らず「自分で治す力」がつく!野菜・野草を使った手当て・レシピつき。

目次

第1章 アトピー・アレルギーの正体
第2章 「自分で治る力」をつける
第3章 陰陽のバランス食で丈夫なからだに
第4章 アトピー・アレルギー 暮らしの知恵
第5章 若杉ばあちゃんの体温を上げる料理
特別寄稿 不自然な症状は、自然な暮らしをすることでしか治せない(真弓小児科医院医師・真弓定夫)

著者等紹介

若杉友子[ワカスギトモコ]
野草料理研究家・食養指導者。1937年大分県生まれ。結婚後静岡市で暮らしていたときに、川の水の汚れを減らす石鹸運動などのさまざまなボランティア活動を行う。そのなかで、自然の野草の力に着目。食養を世に広めた桜沢如一の教えを学び、1989年、静岡市内に「命と暮らしを考える店・若杉」をオープン。1995年、自給自足の生活を実践すべく、京都府綾部市の上林地区に移住。全国を駆けめぐり、陰陽の考え方にもとづいた野草料理と、日本の気候風土に根ざした知恵を伝え続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。