日本のおしゃれ 七十二候―季節とつながる着物えらび、小物合わせ

個数:

日本のおしゃれ 七十二候―季節とつながる着物えらび、小物合わせ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年04月24日 20時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784872906769
  • NDC分類 593.8
  • Cコード C0095

内容説明

旧暦の七十二候の季節を学びながら、古いもの、新しいもの、自由に、軽やかに。一年分の着物のおしゃれ、手ほどき帖。

目次

春(初春;仲春;晩春)
夏(初夏;仲夏;晩夏)
秋(初秋;仲秋;晩秋)
冬(初冬;仲冬;晩冬)

著者等紹介

上野淳美[ウエノアツミ]
北海道江別市出身。大手ファッションメーカー勤務を経て、2003年より札幌市にてギャラリー「oteshio」を主宰し、着物コーディネーターとして独立。着物を主にした布、現代クラフトの器やアクセサリー、日本、ヨーロッパ、アジアから集めたアンティークなど、古今東西の手仕事のモノを扱う。古いモノ×新しいモノをミックスしたモダンスタイルにファンが多く、多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

七十二侯の季節の移ろいにあわせて、きもののおしゃれを手ほどきする、今までになかった本。
七十二侯の和のリズムに合わせて楽しめる、きもののおしゃれコーディネートBOOK!

◎「四季折々、うつろいゆく着物の姿に、何度もため息がこぼれました。」―― 作家 小川 糸

◎ 昔も今も、着物のおしゃれは季節感。
  着物の衣替えや絵柄、色合わせを考えるとき、
  自然のリズムを取り入れて暮らしていた昔の旧暦を参考にすると、しっくりきます。
  その旧暦の5日ごとに移り変わる季節を表現したのが七十二候。
  本書では、七十二の季節に合わせた、着物のコーディネートを提案。
「季節をまとう」よろこびとともに、日本人が大切にしてきた旧暦のリズムが自然と身につきます。

【著者紹介】

上野淳美(うえの あつみ)

北海道江別市出身。大手ファッションメーカー勤務を経て、2003年より札幌市にてギャラリー「oteshio」を主宰し、着物コーディネーターとして独立。着物を主にした布、現代クラフトの器やアクセサリー、日本、ヨーロッパ、アジアから集めたアンティークなど、古今東西の手仕事のモノを扱う。その類まれなセレクト眼により、小説家・上橋菜穂子氏『バルサの食卓』(新潮文庫)の器スタイリングなども担当し、また小説家・小川 糸氏がアンティーク着物屋の女主人を描いた作品『喋々喃々』(ポプラ文庫)でも取材協力。古いモノ×新しいモノをミックスしたモダンスタイルにファンが多く、多方面で活躍。