ポケット・シリーズ<br> 部下を定時に帰す仕事術―「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵

個数:
  • ポイントキャンペーン

ポケット・シリーズ
部下を定時に帰す仕事術―「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2018年12月15日 06時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 207p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784872906158
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C0036

内容説明

仕事の「必要工数」を決める、「捨てる仕事」を見極める、2か月分のスケジュールを見る、「時間予算」の発想をもつetc.部下も自分もサクッと退社。現場で鍛え上げたワーク・ライフ・マネジメントの奥義。

目次

第1章 計画を先行させる「戦略的仕事術」(「勝利の方程式」をつくる;「戦略的計画立案」で業務を半減させる ほか)
第2章 時間を節約する「効率的仕事術」(何でも「一歩先の行動」を;「プアなイノベーション」より「優れたイミテーション」 ほか)
第3章 時間を増大させる「広角的仕事術」(「捨てる仕事」を決める;仕事は人に任せろ ほか)
第4章 佐々木流「独断と偏見のアドバイス」(30歳で立つ、35歳で勝負は決まり;「礼儀正しさ」に勝る攻撃力はない ほか)
第5章 ワーク・ライフ・バランスが強い会社をつくる(誤解されている「ワーク・ライフ・バランス」;「人生のタイムマネジメント」が必要 ほか)

著者等紹介

佐々木常夫[ササキツネオ]
1944年秋田市生まれ。1969年東京大学経済学部卒業、同年東レ入社。2001年、東レ同期トップで取締役就任。2003年より東レ経営研究所社長(現・特別顧問)。経団連理事、政府の審議会委員、大阪大学客員教授などの公職を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。