わが子のいじめ自殺でわかった今、子どもたちと教師に起きている本当のこと

個数:

わが子のいじめ自殺でわかった今、子どもたちと教師に起きている本当のこと

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872906042
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0036

出版社内容情報

いじめ自殺は大津で終わらない……。ひとり娘のいじめ自殺から14年が経ち、文部科学省「いじめ問題アドバイザー」が全てを語る!遺族として「いじめの予防と解決策」を訴え続けてきた著者渾身のメッセージ。

●訴訟中のため弁護士からストップされていた内容
●父母・関係者たちの虚言、2次被害の真実
●文部科学省、教育委員会、教師、有識者、マスコミの実態
●30万人以上の子どもたちと接して気づいた大切なこと

【著者紹介】
1998年、当時高校1年生だった一人娘の香澄さんが、いじめによって自らの人生に終止符を打つ。「いじめの予防と解決策」を伝えるため、夫の新一郎とともにNPO法人ジェントルハートプロジェクトを立ち上げ、全国各地の学校などで講演、学習会を行う。2012年9月、文部科学省「いじめ問題アドバイザー」に内定。

内容説明

真実に向き合えれば、子どもたちは救える!遺族として「いじめの予防と解決策」を14年間訴え続けてきた著者の真実のメッセージ。

目次

第1章 香澄になにが起こったの(入学式からの経緯(1998年4月7日~1998年7月24日))
第2章 香澄との別れ(自死、学校への質問書、そして、失望と不信(1998年7月25日~2000年12月26日)
学校への「警告」、そして、提訴へ(2001年1月15日~2001年10月2日))
第3章 もう、いじめはやめて(なぜ、マスコミと裁判を断ったのか;「音楽は心」というモットー;どうして人権擁護委員会に申し立てしたのか;いまこそ考えてほしい“心の傷”の重さ;教育を司る行政機関が変わらなければ;学校への怒りと落胆、そして希望;いまこそ、大人が変わらなければ;だから、訴訟を起こす;NPO法人ジェントルハートプロジェクトの活動)
第4章 香澄、いつもいっしょだよ(香澄への思い;香澄の死を愛に変えるために)

著者等紹介

小森美登里[コモリミドリ]
昭和32年1月23日神奈川県藤沢市生まれ。平成24年9月、文部科学省「いじめ問題アドバイザー」に就任。同年10月、滋賀県いじめ対策研究チームに就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さら

9
タイトルの「わが子のいじめ自殺でわかった 今、子どもたちと教師こ起きている本当のこと」にドキッとして借りてきた本。今は教育委員会も学校もリーフレット等でいじめについて やってはいけないこととし、また、いじめられている子は周囲の大人に相談するようよびかけています。相手がいじめと感じたらいじめである、という定義付けも浸透しつつあるような気がします。そういうことも、遺族であるこの著者のような方の訴え、運動のおかげかもしれません。愛するわが子が苦しんで死を選んだことは、親にとってはとてもつらいことだと胸が痛みます2013/01/30

niko-08

5
学校へ子供たちに講演に来ていただきました。保護者も参加可だったので聴かせていただきました。子供たちにしっかりと伝わったと願いつつ、私も親として子供や学校とどう関わっていくかを再度考えてみたいと思います。2015/09/18

Yurie Tatsuno

0
泣けた。2015/04/05

星辺気楽

0
若者の死因の第1位が自殺であるという事実を、とくに政治家がもっとも強く危機感を抱かなければいけない。2022/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5902998

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。