レガシー〈2〉

個数:

レガシー〈2〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 679p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784872905113
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

17ヶ国で話題沸騰! 全米のファンタジーファンを唸らせた、16歳の少女による歴史ロマンファンタジー、待望の第2弾!!

内容説明

祖国ハイタニカからコカイリに再び連れさられ、囚われの身となったナリアン。皮肉にもナリアンはコカイリ軍を率い、愛するアレーラ王妃が待つハイタニカに攻撃をしかけることになる。禁断の恋のゆくえは?ふたつの王国にまつわるおそろしい伝説は真実なのか?待望の『レガシー』シリーズ第2弾。2008年リーダー・ヴューズ・リテラリー・アワード(読者が選ぶ文学賞)の金賞、同年ムーンビーム・チャイルズ・ブック・アワード(ムーンビーム児童文学賞)銅賞など受賞。

著者等紹介

クリューバー,カイラ[クリューバー,カイラ] [Kluver,Cayla]
1992年10月2日生まれ。両親と2人の姉妹とともに、米国ウィスコンシン州に住む。13歳のとき、処女作となる『レガシー1』を書き始める。『レガシー2』は、2008年リーダー・ヴューズ・リテラリー・アワード(読者が選ぶ文学賞)の金賞、同年ムーンビーム・チャイルズ・ブック・アワード(ムーンビーム児童文学賞)銅賞など、多くの読者賞を受賞している

平林祥[ヒラバヤシショウ]
上智短期大学英語科卒。企業翻訳を経て英米翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

5
国を統べるようになって責任感も芽生え、家族を気遣ってくれるステルダーに、ついフラフラっとなりながらも、寸止めするアレ―ラ姫というパターンが何度も描かれるが、緩急をつけて描いているので、「もしかしたらこのまま国王夫妻を全うする道もあるのでは?」と思わせる。この三人の関係は『風と共に去りぬ』のアシュレ&スカーレット&レット・バトラーを見るようだが、バランスが悪い。ステルダーの人間としての成長が二巻を通じて丁寧に描かれているのに対して、著者自身が「書きにくかった」と述べていたナリアンの魅力が描ききれていない。2014/12/25

詩歌

4
ステルダーは文化背景からすると涙ぐましい努力をしてる。最後の決断も含め、主人公になってもいい成長を遂げた。ロンドンの老けない理由が判明。この本の萌はロンドンです!2014/05/05

ふうか

3
すごくしっくりくる終わり方だった。ステルダーが徐々に変化していくのも見どころ。 この人が書いた作品をもっと読みたかったなぁ…。2013/03/25

小日向 あさひ

1
1巻より、とても面白かった!! 文字通り怒濤の展開で、ページをめくる手が止まらなかった…。最初はアレーラの後先考えない行動にハラハラしていたけど、だんだん凛々しく格好良く成長していく彼女が素敵だった。あと「そこまでいっちゃうの!?」という話の結末に驚き、そして第三部の原作サブタイが『犠牲』って……と、かなり続きが気になる…。2012/10/12

碧子

1
楽しんで読みました。めまぐるしく変わる状況。続きが気になります。アレーラ頑張れ!2011/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2998473
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。