角川文庫<br> 女が、さむらい

電子版価格
¥308
  • 電書あり

角川文庫
女が、さむらい

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 243p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041038253
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

美しき男装の剣士と妖刀が江戸に波乱を呼ぶ、待望の新シリーズ!

近頃、男が弱くて仕方がない――平和が続く江戸で千葉道場の筆頭剣士となっていた秋月七緒。
長州藩邸用人の娘である彼女は、親に強制された縁談の席で強盗事件に遭遇。犯人を成敗し、瀕死の男・猫神創四郎を助ける。
惹かれ合う二人だが、猫神の正体は、徳川家に不吉を成す刀<村正>に纏わる密命を受けたお庭番だった!
江戸では、刀に関する事件が頻発しており……。

私が貴方の剣になる――。
強く美しき剣士と、剣術を失った腕利きお庭番の出会いが波乱を巻き起こす!

これが風野真知雄の真骨頂!

内容説明

近頃、男が弱くて仕方がない―平和が続く江戸で千葉道場の筆頭剣士となっていた秋月七緒。長州藩邸用人の娘である彼女は、縁談の席で強盗事件に遭遇。犯人を成敗し、瀕死の男・猫神創四郎を助ける。惹かれ合う二人だが、猫神の正体は、徳川家に不吉を成す刀“村正”に纏わる密命を受けたお庭番だった。江戸では、刀に関する事件が頻発しており…。強く美しき剣士と、剣術を失った腕利きお庭番の出会いが波乱を巻き起こす!

著者等紹介

風野真知雄[カゼノマチオ]
1951年、福島県生まれ。立教大学法学部卒。93年に「黒牛と妖怪」で第17回歴史文学賞を受賞し、デビュー。2015年、「耳袋秘帖」シリーズで第4回歴史時代作家クラブ賞・シリーズ賞、『沙羅沙羅越え』で第21回中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。