言葉よりずっと大切なもの―自閉症と闘いぬいた母の手記

個数:

言葉よりずっと大切なもの―自閉症と闘いぬいた母の手記

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872904123
  • NDC分類 936
  • Cコード C0036

内容説明

女優でベストセラー作家のジェニー・マッカーシーの息子が2歳のときに突然襲った発作。診断結果は自閉症だった…。息子を自分たちの世界に取り戻したい一心で、ジェニーはあらゆる手を尽くし自閉症と闘いぬく。そして、驚くべき結果が…。全米で議論を巻き起こした感動と希望の手記。

目次

はじめての発作
最悪中の最悪
神経科医、ようやく登場
「青」と「黄色」の発作薬
奇跡を探して
天の巡り合わせ
「お気の毒ですが、息子さんは自閉症です」
目を開く
ワーキングマザーの試練
「窓」を見つけること〔ほか〕

著者等紹介

マッカーシー,ジェニー[マッカーシー,ジェニー][McCarthy,Jenny]
女優、ベストセラー作家。息子エヴァンの自閉症をきっかけに、自閉症の研究・治療団体、ジェネレーション・レスキューを設立。ロサンゼルス在住

増賀知佳子[マスガチカコ]
大阪外国語大学地域文化学科ドイツ語専攻を卒業。フライブルク大学留学を経て、韓国で日本語教師、帰国後は福祉施設に勤務。チリ人の夫と息子と大阪在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

0
自閉症に関しては全く知識はないが、心が温まる作品だった。自閉症の子を持つ母親の手記。口語で書いてあるので読みやすい。2016/11/06

蒔葉

0
自閉症に関する本はたくさん読んでいます。その中でも、理性的で・愛情深い作品でとっても暖かな気持ちになりました。ただ、予防接種(ワクチン)が自閉症を引き起こすということについては関連がある・ないと意見がわかれているらしい。実際初めて聞いたし。ただ、食事療法って不信に思っていたけれど、効果のあるものなのですね。自閉症はそれぞれの子どもで症状が違うから彼女のやり方ですべてが上手くいく訳ではないだろうけど、色々と勉強になりました。2009/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/219127

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。