• ポイントキャンペーン

親ががんばらないほうが子どもは伸びる!―子育てでいちばん大事なこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872903423
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0095

内容説明

子どもを伸ばす即効性のある方法、具体的なテクニックの前に、親ができることがある。忙しい生活の中で忘れがちな「根本を大事にした子育て」のヒント。読めばわが子がもっとかわいくなる、珠玉の教育エッセイ。

目次

第1章 子どもがわかれば、伸ばすのはカンタン!(動物のウンコ集めが好きだった子―わが子が好きなことや得意なことを知っていますか?;九九がなかなか覚えられなかった子―子どものコップの水は少しずつたまる ほか)
第2章 子どもは最高のエンタテイメント!(お笑い系の子ども―みんなを楽しませる才能は、持って生まれた宝;ある日の教室の風景から―子どもを楽しむのは親の特権 ほか)
第3章 「かんちがい子育て」はなぜ起きる?(ぼさぼさの頭で児童クラブに来ていた子―忙しい朝だからこそ、やるべきこと;無理矢理マラソン大会の練習をさせられた子―親も思いつきでものを言う ほか)
第4章 子どもに愛情は伝わっていますか?(子どもの耳掃除で愛を伝えよう;あなた自身の物語を、子どもに語ってあげよう ほか)

著者等紹介

親野智可等[オヤノチカラ]
1958年生まれ。本名杉山桂一。公立小学校で23年間教師を務める。教育現場の最前線に立つ中で、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。教師としての経験・知識・理解・技術を少しでも子育てに役立ててもらいたいと、2003年に無料メールマガジン「親力で決まる子供の将来」の発行を開始。具体的ですぐできるアイデアが多くの親たちの共感を得て、まぐまぐメルマガ大賞の教育・研究部門で4年連続第1位に。新聞、雑誌等で連載多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。