市民学の挑戦―支えあう市民の公共空間を求めて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 346p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784872622249
  • NDC分類 362.06
  • Cコード C1036

内容説明

抜け殻になりつつある公共空間を甦らせる市民像とは何か。グローバル化とネオリベラリズムが跋扈する今、「社会なるもの」の解体に抗い、自立した個人以外は排除してしまうのではなく、弱さを互いに支えあい、属性の違いを超えて共に生活を形作っていく共同存在としての、市民の新たな可能性を模索する。

目次

市民学への招待
第1部 市民学へいたる道程―市民概念の検討から市民科学の実践へ(市民社会、シティズンシップ、公共空間;「市民社会論のルネサンス」と多層的市民―「市民」概念の歴史的歩みをふまえて;戦後日本社会における「市民」概念の位置―社会運動史の視座から;批判的地域主義から考える“市民”のアクチュアリティ;市民科学の実践としての民衆疫学の可能性)
第2部 多文化社会におけるシティズンシップの可能性と課題(社会の国際化と市民であることの意味―開かれたシティズンシップへ;市民が育てる学習・文化の「公共空間」―アクティブ・シティズンシップと社会教育の可能性;市民活動を書く―豊田市の外国人医療支援グループ;「協働」の可能性;公共的に介護されるのは「労働する市民」だけか?―福祉国家の宗教的起源)
第3部 支えあう市民学の提唱―新しい公共空間の創造に向けて(構造から呼ばれるとき;ボランティア市民―他者との関わりが自分をかえる;スポーツボランティアのジレンマ―スポーツボランティアの経験から;障害当事者運動とシティズンシップ―授産工賃への所得税課税問題から)

著者等紹介

松田昇[マツダノボル]
中京大学現代社会学部教授

小木曽洋司[オギソヨウシ]
中京大学現代社会学部准教授

西山哲郎[ニシヤマテツオ]
中京大学現代社会学部准教授

成元哲[ソンウォンチョル]
中京大学現代社会学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

16
「市民」とは何か、「市民社会」とは何か、「シティズンシップ」とは何かを研究した本です。新自由主義が蔓延る中で、本当の自立・自律した個人とは何かを考えることのできる本だと思います。また、「市民」概念から公共性を考えることのできる本でもあります。この本では、第一部「市民学にいたる道程」、第二部「多文化社会におけるシティズンシップの可能性と課題」、第三部「支えあう市民学の提唱」で構成されています。少々難しいところもありましたが、勉強になりました。2015/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1236140

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。