阪大リーブル<br> 医療技術と器具の社会史―聴診器と顕微鏡をめぐる文化

個数:

阪大リーブル
医療技術と器具の社会史―聴診器と顕微鏡をめぐる文化

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872593013
  • NDC分類 490.2
  • Cコード C1336

内容説明

聴診器はなぜ臨床医のシンボリックな存在になったのか。聴診器、顕微鏡、「鉄の肺」から新型トイレまで…急速に技術革新が進む医療の分野のなかで、17世紀から現代までに使用されてきた器具の間に生まれた深い関係をエピソードと史実から探る。

目次

1 プロローグ―器具から見る社会
2 「不可解な過去」―技術と社会の奇妙な関係
3 聴診器が使えない?―現代医療の落とし穴
4 マホガニーの神託―聴診器と19世紀医学
5 電気松葉杖なんかいらない―聴診器と医療のシンボル
6 怪物のスープ―顕微鏡の社会的イメージ
7 顕微鏡のように見なさい―実験室の医学
8 エピローグ―器具のパラダイス・器具のパラダイム

著者等紹介

山中浩司[ヤマナカヒロシ]
1959年生まれ。京都大学経済学研究科博士後期課程単位取得退学。大阪大学人間科学研究科准教授。博士(人間科学)。専門は、科学思想史・医療社会史・医療社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。