大阪大学総合学術博物館叢書<br> 戦後大阪のアヴァンギャルド芸術―焼け跡から万博前夜まで

個数:

大阪大学総合学術博物館叢書
戦後大阪のアヴァンギャルド芸術―焼け跡から万博前夜まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A4判/ページ数 96p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784872592191
  • NDC分類 702.196
  • Cコード C1370

目次

図版(大阪のアヴァンギャルド諸相;中之島からの発信―グタイピナコテカ1962‐1970;都市へのまなざし、都市からのまなざし)
論考(広告デザインと前衛芸術、その大阪での融合;大阪における前衛音楽;街に埋もれる大阪の表現力;グタイは今も活きている;グタイピナコテカ―吉原治良の「傑作」としての具体美術館その意義と課題)
グタイピナコテカ資料

著者等紹介

橋爪節也[ハシズメセツヤ]
大阪大学総合学術博物館館長、同大学院文学研究科教授兼任

加藤瑞穂[カトウミズホ]
大阪大学総合学術博物館招へい准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Rollin'

0
1950,60年代の大阪で、モダニズムと前衛表現という一見相容れないものが、なぜ相互に影響し合いながら新しい表現を獲得できたのか?その時代を振り返る資料として、またこれからの芸術のあり方を考える上でも参考になった。美術史的には、具象や抽象、シュルレアリズムやモダニズムといった言葉は、ある程度確定しているのかもしれないが、作品はそう簡単に分類できない。矛盾に満ちた人間だからこそエネルギーのある創造ができるのだと考えれば、アンチ東京としての大阪や関西の存在意義はまだまだあるように思える。2016/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6870118

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。