自分らしい終末や葬儀の生前準備―「生老病死」を考える

個数:

自分らしい終末や葬儀の生前準備―「生老病死」を考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月23日 21時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784871541565
  • NDC分類 385.6
  • Cコード C3036

内容説明

あなたはご家族やご自身の納得できる終末や葬儀のあり方を考えたことがありますか?法外な葬儀代、戒名料、墓代などに後悔しないために。

目次

1章 「病」をどのように捉えるのか
2章 「死」をどのように考えるのか
3章 お葬式を考える
4章 戒名(法名)を考える
5章 遺骨はどこへ
6章 お墓を考える
7章 看護に必要なこととは
8章 わたしの死後をどうしてほしいのか
あらかじめ準備しておくチェックポイント

著者等紹介

源淳子[ミナモトジュンコ]
1947年、島根県奥出雲町の浄土真宗本願寺派の寺に生まれる。龍谷大学大学院修士課程修了、大谷大学大学院博士課程満期退学。得度により増籍を持つ。専門は仏教、フェミニズム。仏教をはじめ日本の宗教における女性差別などを中心に研究を続ける。関西大学、近畿大学などの非常勤講師を長く勤め、現在は、関西大学人権問題研究室委嘱研究員、世界人権問題研究センター客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ペカソ・チャルマンチャイ

1
具体的な事例と金額が表記されているところがいい。人間は必ず死ぬのに、多くの人がそのことを考えていないのに疑問を感じているという著者の考えには大いに賛同します。常識を疑い、多様性を認める姿勢も素晴らしい。買ってそのままになっているエンディングノートに書かなくちゃなぁと、改めて思いました。2018/06/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12465644

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。