アジアの虐殺・弾圧痕を歩く―ポル・ポトのカンボジア/台湾・緑島/韓国・済州島

個数:

アジアの虐殺・弾圧痕を歩く―ポル・ポトのカンボジア/台湾・緑島/韓国・済州島

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784867221013
  • Cコード C0022

内容説明

隣国に、忘れてはならない苦難があった…観光旅行コースの中に埋もれた史実を丁寧にすくい上げ、現代史に刻まれた虐殺・弾圧による厳粛な事実を、歩いて、見て、考える異色の歴史紀行。

目次

第1章 クメールの笑顔―ポル・ポト時代のカンボジア(プノンペンに到着;クメールの笑顔―カンボジア・リビングアーツ;ポル・ポト時代の表情;チュン・エク村のキリング・フィールド;トゥール・スレン虐殺犯罪博物館;殺す者と殺される者の境界;クメール・ルージュ時代の傷)
第2章 緑島という監獄島―台湾の白色テロ時代(緑島を訪ねて;台北の「二二八事件」を歩く;台湾民主主義の到達点)
第3章 四・三事件と済州島の人々―板挟みの中で(耽羅の面影;済州四・三の傷跡;解放後の苦難;済州島で何が起きたのか;大坂・鶴橋と済州島)

著者等紹介

藤田賀久[フジタノリヒサ]
1973年神戸市生まれ。学歴:上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業、The George Washington University修士課程修了(M.A.,East Asian Studies,Elliott School of International Affairs)、上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科国際関係論専攻博士後期課程満期退学。経歴:日中貿易商社、(公財)東京財団研究事業部、国会議員政策担当秘書、(一財)日本総合研究所理事長室付研究員、上智大学非常勤講師等を経て、多摩大学・文教大学非常勤講師、慶煕大学校附設国際地域研究院日本学研究所客員研究員、寺島文庫客員研究員。オフィス・クロスポイント主宰。研究関心領域は東アジア近現代史、国際関係論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。