ことのは文庫<br> 妖しいご縁がありまして―わがまま神様とあの日の約束

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

ことのは文庫
妖しいご縁がありまして―わがまま神様とあの日の約束

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月25日 22時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784867162200
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ちょっと不思議な能登を舞台とした記憶とあやかしの物語第2弾。祖母との記憶を取り戻した八重子の次なる記憶探しは―!?

内容説明

祖母との記憶を取り戻し、平穏な高校生活をおくる八重子に新たなトラブルが降りかかる。どうやら学校や商店街の人々から何か大切な記憶が失われているようなのだ。自分以外の皆に何かが起きている!?不安にかられる八重子のもとに白狐の二紫名が再び現れる。なにやら鈴ノ守神社の神様、縁さまから町で起きている怪異について相談があるようで―。ちょっと不思議な記憶と妖の物語、謎解き要素満載の第2弾!

著者等紹介

汐月詩[シズキウタ]
2018年より「エブリスタ」にて小説『妖しいご縁がありまして』を発表。デビュー作となる1巻『お狐さまと記憶の欠片』は、自身の祖母との思い出をベースに執筆されており、思い入れの深いものになっている。2021年には集英社みらい文庫大賞(第11回)で大賞を受賞しており、今後の活躍が期待される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミヤビ

21
祖母の記憶を取り戻した八重子は、町の人の大切な記憶を取り戻す為、二紫名などの妖たちと手がかりを探していく。 記憶を取り戻した八重子が、次は町の人のために奮闘していく姿に成長を感じた。記憶を取り戻すという明確な目的があるから先が気になった。こういった類の小説って大体読んでて犯人やら何やらわかってしまうけれど、犯人や記憶を取った過程が考え込まれているから楽しく純粋に読めた。田舎ならではの自然から混沌とした記憶世界などの描写が色鮮やかで情景が浮かびやすい。次巻が気になる終わり方だったから買っちゃうかも。2022/05/10

昼夜

13
自分の記憶を取り戻した八重子が今度は他人の記憶を取り戻すことに。信仰が地域に根ざした町で神社の息子という立場のプレッシャーの重さや苦悩は想像するのは難しいけど、神主の息子だからの色眼鏡が嫌であの言葉を言ってしまった気持ちと後悔は解るから次巻で修行によって吹っ切れた昴と縁さまが再会するのを見たいです。2022/04/30

まる子

5
#NetGalley 「ずっといっしょにいようね」と言う約束は果たされる事はなかった。それは本当だろうか…。嫌な記憶を封印してしまった少年と、神社の中でしか生きられない神様。お互いに言葉を交わす事ができなくなった理由を知った。しかし、またここからはじめればいいのだ。神様の言葉を彼に伝えられるのは自分しかしいない!彼らの約束は、たとえ時間がかかったとしてもきっと果たされると信じて。またここからはじめよう!かつて少年だった彼は、一歩ずつ近づくために歩みはじめた。2021/10/25

ミント

1
#NetGalleyJP2021/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18908547

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。