損か得か―いつもうまくいかない人生を変える18の思考法

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

損か得か―いつもうまくいかない人生を変える18の思考法

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月24日 17時24分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866672069
  • NDC分類 159
  • Cコード C2034

出版社内容情報

あなたは、今の自分が好きですか? 自分を変えたいと思いますか? 「変わらなきゃいけないなー。でも努力しなきゃいけないなら、このままでいいか」などと思っていませんか?
大人になってから、自分自身を見つめなおし、自分を変えることは、努力と根気が必要な作業です。
しかし、何気なくしている自分では気がついていないことに気づき、その些細な行動を変化させるだけで、自分自身が大きく変わるとしたらどうでしょうか。
私たちは、普段、何気なく「損する行動」をしています。そのため、「なんとなくうまくいかないな~」「なんでもっとよくならないんだろう」と人生に対してネガティブな感情が生じるのです。そんな自分自身の”損な行動”を見直し、変えていくことで、人生が好転します!
本書では、習慣のエキスパートである三浦先生が、「損な行動」を「得な行動」に変える方法を教えます。

内容説明

「変わる=難しい」は、単なる思い込み!損する思い込みを捨てることができたら、あなたはもう変われているのです。

目次

1 自分との関わり方での「損」をやめる(自分虐待をしない;自分中心になる;バカになる;リミッターをはずす)
2 人との関わり方での「損」をやめる(感情の奴隷にならない;トラブルメーカーになってみる;ネガティブな意見に感謝する;卑怯者を卒業しよう)
3 仕事のやり方での「損」をやめる(AIに負けない;平凡転じて非凡となる;スケジュール帳をガラガラにする;「何でも屋」にならない;即答する;かなり適当にスタートする)
4 生き方での「損」をやめる(他人と競わない;不安や心配の正体を知る;戦略的に利他的になってみる;どう死にたいかを明確にする)

著者等紹介

三浦将[ミウラショウマ]
株式会社チームダイナミクス代表取締役、人材育成・組織開発コンサルタント/エグゼクティブコーチ、英国立シェフィールド大学大学院修了(MSc:Master of Science)。大手広告会社、外資系企業を経て、エグゼクティブコーチとして独立。現在、「習慣は才能を超える」をテーマに、老若男女誰もが参加できる「習慣力協会」を設立し、オンライン、オフライン両面で習慣力の啓蒙と増進のために精力的に活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

チャー

11
物事の判断は損得で決める場面も多々あるが、本書では18個の項目に対してそれぞれに著者の視点で損と得の視点を挙げ、変化のきっかけとして損得判断を利用し、継続して考え方や行動を変える大切さを述べている。短期的な損得ではなく長期的な目で自身の充実を促すための判断指標はなるほどと思う部分も多い。仕事の基本を適当にやること、感情の奴隷になり破壊に使うこと、すぐに無理だと考えることは損であるなど、好ましくない判断を損という枠で表すことで、それらの行動を取りづらくする効果がありそうだと感じた。2022/04/29

hinotake0117

1
自分を大事にしないことによる「損」を提示し、アドラー心理学や『7つの習慣』などの考え方をもとにもっと自分を大切に扱うことを説いた書。 まさに優先事項のこと、終わりを思い描くことなど、7つの習慣を日常に取り入れるきっかけにもできるかと。 https://t.co/EvPjXCv6bR2022/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15815479
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。