失われた朝鮮文化―日本侵略下の韓国文化財秘話 (新装)

個数:

失われた朝鮮文化―日本侵略下の韓国文化財秘話 (新装)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月18日 00時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787706126
  • NDC分類 709.21
  • Cコード C1036

内容説明

19世紀末から1945年にかけて、学術調査の名のもとに、あるいは盗掘・買収によって、朝鮮の貴重な文化遺産の数々が日本にもち去られた。韓国で新進気鋭の文化部記者であった著者が、当時の日本人コレクターや学者の回顧録、調査報告書、現地住民の証言などを丹念に集め、闇につつまれていたその実態を明らかにした名著。

目次

1 侵略の足音とともに
2 倒された石塔
3 仏像のゆくえ
4 韓籍と日本アカデミズム
5 考古遺跡の破壊
6 八・一五解放直後
7 韓国文化財秘話余録

著者等紹介

李亀烈[イグヨル]
1932年黄海道延白郡に生まれる。1958年に「世界通信社」の出版部に勤めたのち、「民国日報」「京郷新聞」「ソウル新聞」などの文化部記者を経て、1976年からは国立現代美術館専門委員、文化芸術振興委員会専門委員などを歴任。現在もすぐれた美術評論家として活発な評論活動をつづけている

南永昌[ナムヨンチャン]
1943年福井県に生まれる。東洋大学社会学部卒業。民族新聞の記者を経て、現在朝鮮文化財にかかわる研究に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。