僕たちはヒーローになれなかった。

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

僕たちはヒーローになれなかった。

  • 葉田 甲太【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • あさ出版(2019/11発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 26pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月07日 01時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 171p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866671611
  • NDC分類 916
  • Cコード C0030

内容説明

向井理初主演の映画『僕たちは世界を変えることができない。』から8年後―。僕はまだ、もがいている。

目次

第1章 はじまりのはじまり(闇の中の光;人と比べる幸せはやめたんよ ほか)
第2章 やっぱり人生は一度きり(2年ぶりのカンボジアへ;22日間の人生 ほか)
第3章 離島の女子中学生が教えてくれたこと(最果ての島へ;君の夢が叶いますように ほか)
第4章 カンボジアの僻地に病院を建設し、8000人の命を守る(まずは現地の視察から;ここにも救えなかった赤ちゃんの命があった ほか)
第5章 笑顔の開院式へ(未来は今;病院建設で伝えたかったこと ほか)

著者等紹介

葉田甲太[ハダコオタ]
医師(総合診療医)。NPO法人あおぞら代表。関西学院大学非常勤講師。1984年、兵庫県生まれ。2005年、大学生の時に150万円でカンボジアに小学校が建つことを知り、仲間とともに実現。その体験を綴った『僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.』(小学館)は東映より、監督:深作健太、主演:向井理で映画化された。離島や僻地で総合診療医として勤務し、2018年2月にカンボジアのバンティ・ミエンチャイ州にサンブール保健センターを建設。2019年5月より「タンザニアに新病院を開院し、5万人の命を守るプロジェクト」を開始。著書、『僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.』、『それでも運命にイエスという。』(ともに小学館)は台湾や韓国でも出版され、累計10万部となっている。2018年地域支援大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

向井理氏推薦!大ヒット作「僕たちは世界を変えることができない」の続編。医者として働きながらも、名誉と出世を捨てて、NPOを設立し、国内外の僻地でボランティアに勤しむことを書いた実話。夢をあきらめたビジネスマンに捧げる自己啓発本!