アリアンローズ<br> 侯爵令嬢は手駒を演じる〈4〉

個数:

アリアンローズ
侯爵令嬢は手駒を演じる〈4〉

  • ウェブストアに49冊在庫がございます。(2017年10月20日 05時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866570501
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

ディアギレフ帝国が自国へ侵攻したという報を聞き、隣国から帰還した『完璧な淑女』ジュリアンナを待ち受けていたのは、『鬼畜腹黒王子』エドワードからの婚約破棄だった。「わたしを弄んだことを後悔させてやる!」手のひら返しに憤るジュリアンナだったが、彼が敵地である帝国へ赴こうとしていることを知り、自分も同行すると決意する。二人は帝国内でのクーデターを目論む反乱分子「革命政府」との協力を試みるのだが―演技派令嬢ファンタジー、堂々完結!「わたしは守られるだけの女じゃないわ。貴方と歩む未来のために戦ってみせましょう!」

著者紹介

橘千秋[タチバナチアキ]
小説投稿サイト「小説家になろう」への投稿開始後すぐに複数の作品が話題となる。『侯爵令嬢は手駒を演じる』が、第2回ライト文芸新人賞のアリアンローズ部門で優秀賞を受賞し、出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)