トマトの森では…

個数:

トマトの森では…

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月21日 10時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 52p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784866213538
  • NDC分類 E
  • Cコード C8797

出版社内容情報

今日はかわいい孫が遊びにくるから、おいしい料理を作らなくちゃ!
そう思いながらトマトの缶詰を眺めていたら、なんだか眠くなってきて、ちょっとウトウト……。おばあちゃんは、ずっと昔に初めてひとりで出かけたときのことを思い出して――。

孫が会いにくるのを心待ちにするおばあちゃんが、自分が子どもの頃に経験した大冒険を夢のなかで繰り返す、かわいらしくてちょっとスリルがある、小さな冒険の物語。
巨大なトマトがたくさんなっている「トマトの森」で、迷子になった幼いころのおばあちゃんを助けてくれる動物たちとの交流も見どころ。子どもはもちろんのこと、おとなも思い出がよみがえってきて懐かしくなる、やさしい絵本です。

内容説明

大好きなおばあちゃんに会いにいくため、はじめてひとり、汽車に乗ったアメリは、どきどき、わくわく。途中、「トマトの森」で降りてみると、そこには真っ赤で巨大なトマト!トマト!トマト!もっと見たくて奥へと進むうちに、迷子になって―おとなになっても忘れない小さな冒険の思い出。

著者等紹介

フィリケえつこ[フィリケエツコ]
1968年東京生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科、フランスの国立装飾美術学校卒業。2002年からフランスの出版社よりEtsuko Watanabe名で絵本を出版。2008年に帰国。現在もフランスの絵本や雑誌の仕事にたずさわる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ほんわか・かめ

17
トマトを見ると思い出す、少女の頃の不思議な思い出。電車に乗り、トマトの森へ。ワニに跨って池を進む。本当?たとえ事実じゃなかったとしても、こんな大冒険な思い出は宝物だよね〜。〈2021/WAVE出版〉2024/03/09

NOYUKI

1
え?このアメリって女の子は、おばあちゃん?おばあちゃんのお孫さんは出てきてないのかな?え?缶詰に書いてある思い出の味ってそーゆーこと?2021/10/12

kokotwin

0
トマト好きにはもしかしてたまらないかも。トマトの森かぁ。いいなぁ。2022/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17948551
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。