私を振り回してくるあの人から自分を守る本

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

私を振り回してくるあの人から自分を守る本

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年02月23日 08時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866213170
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0095

目次

prologue 良好な人間関係は距離感が保たれている(相手と距離のとり方が上手い人;人間関係は「近いほどいい」という勘違い ほか)
1 誰にも付け入らせないベースをつくる(5つの戦術で「相手より一段上にいる」意識と行動になる)
2 嫌われない、憎まれない「断り上手」になる(断り上手5つの心得;これでもう押し切られない!「断り方」の戦術13)
3 「ばれない威圧感」で相手を引かせる(威圧「感」とは、まとうもの;「振り回され体質」を変える!「ばれない威圧感」の戦術15 ほか)
4 人を惹きつける魅力的な人間になる(「しがみつく」のではなく「惹きつける」)

著者等紹介

Joe[JOE]
モラハラ対策カウンセラー。1976年生まれ。典型的なモラルハラスメントの関係にある両親の元に生まれ、幼少期を過ごす。その経験を通して、周囲の同様の環境にある人たちに、モラハラ対処のアドバイスをするようになる。現在は、世の中の離婚できない事情のあるモラハラ被害者を対象に、個人カウンセリングや各地での講演等の活動をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MI

94
あなたは「心」を変えず、「言動」を変えるだけ。押し付けてくる仕事、行きたくないお誘いにあなたは心をすり減らしていませんか?なぜ貴方は振り回されるのか?それは自分の心を開け放ちすぎているから、どんな人とも繋がり放題になっている。好きな相手にはそのままでいい。 貴方の心の中までは誰にも見られてない。心のままに動かなければいい。印象的なのは①付け入れさせないベースをつくる。②バレない威圧感で相手を引かせる。鈍感なフリをする。沈黙は武器。心と言動を分ける、振り回してくる人には同じ対応をしなくていい。試してみたい。2023/08/15

ニッポニア

64
ブレない芯を持つこと。以下メモ。いつも自分の心を開け放ち過ぎていること、が他者に振り回されやすい人の共通点。自分にとってどのような存在か、相手を分類する勇気。相手より一段上にいる意識で、影の部分を演出し優しさを差し出すと、相手はあなたを尊重する。まずニヤニヤする、するとあなたの雰囲気自体が強者の微笑みになる。断るときは、どこまでも屈託なく、無邪気に。沈黙に対して無責任になる。無理じゃなくても無理と言う、そんなに無理しなくとも十分評価されている。相手の感情をあえて斟酌しない鈍感力。2023/10/28

本詠み人

32
初読の著者さん。人間関係は距離がすべて…自分にとって心地よい距離感をもって、良いお付き合いをしたいものです。相手の感情に振り回されることなく、良好な人間関係をめざすメソッドです。中でも「優しさ」と「威圧感」のバランスという項目はまさに悩んでいた事なのでハッとさせられました。優しさだけでは(喜ばれるが)なめられる。自分ばかりに仕事が振られる人は「忙しがり方」が洗練していない(笑)など、興味深い内容でした。女性向け。2021/10/06

morinokazedayori

27
★★★★自分の都合で振り回してくる人に物凄く辟易していたので、読んでスカッとした。振り回されないための言葉、態度、行動など、早速実践してみようと思った。2023/03/28

haruka★

19
支配欲のある同僚やモラハラ配偶者から身を守るための武装方法本。どうせ自分軸を持てとかの綺麗事でしょと思って読んだら違った。心と行動を使い分けろで始まり、その具体的な方法と根拠。徹底して現実的で、若い世代に響きそう。読んでいて自分は支配したがる側の人間かもと思った。だから分かる。自分の全てを見せない媚びない人間を尊重したくなり、媚びてくる人に意地悪な感情を持ってしまう気持ちが。著者は人間全体を敵と見なし、相手を操る意識で動きすぎかなと思ったら、父親がモラハラの家庭で育ったと知って納得。そうなるよね…と共感。2021/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17453417
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。